HOME  ワーキングホリデー カナダ   >ワーホリいろいろ準備



 
   ワーキングホリデー カナダ バンクーバー
 

=クイック MENU=

エアーチケット *クレジットカード *保険  *ホテル  *持ち物 

費用  *お金の持ち込み方  *持ち込み方の予定  *インターネットバンキング

*追記 は帰国後につけたしで書いたものです。


エアーチケット

▼2004年3月

エアーチケットは往復を買うか、片道を買うか、それとも10日FIXで復路を破棄するか・・・
悩みました。まず、10日(くらい)FIXのチケットは値段は安いですが、
復路を破棄するという行動自体に疑問を感じました。
安いから買う方もいるみたいですけど、ネットで調べたりすると、
結局カナダから日本のエアー代で金額的に往復チケットと変わらなかったとか・・・

私がはじめに予約したのは
往復チケット

カナダでお金がなくなったら帰国する予定なので帰りの分も買っておこうと。
HISに電話で聞いたらエアーカナダで15万円。コリアンエアーで14万円弱。
引越し中でネットにつなげない状態だったので、友達からエバー航空の11万円強のエアーを発見。
ちなみにこれはイーツアーというサイトでみつけたということです。
金銭的に余裕がないので11万円という価格にひかれて予約。これでカナダ商工会にも申請しました。
しかし、エバー航空は乗り継ぎも出発時間も到着時間もよくないんですね・・・。
午前1時出発とか台北に乗り継ぎというのも、カナダへ行く!って気分が萎えます。(台北も行きたいけど!)
そして、いろいろ考えた結果、このチケットはキャンセルすることにしました。

そして
片道チケットを予約。エービーロードをみて、ユナイテッド航空の6万1千円のチケットにしました。
片道だと、イミグレ(税関)でのやりとりが大変になるかな〜とも思ったり、お金がなくて日本行きのチケット
かえなかったらどうしようとか思いましたが、帰りはアメリカに寄りたいので、片道チケットにしました。

帰りのチケットが安いことを祈ります!

▼4月末

ユナイテッドの片道をキャンセル。理由はアメリカに一時滞在後にカナダいりするかもしれないためです。

▼5月末

6月から7月の1ヶ月間、アメリカ滞在を決意。ワーホリ準備を一時中断。

▼8月中旬

ユナイテッドの片道を予約(予定)

▼8月中旬(最終版)

ユナイテッドの片道は米国経由のため米国のビザを取ってもらわないとだめです!と
いわれました。たった乗り継ぎのために・・・?!めんどくさい。
というわけで
エイビーロードで直行便・エアーカナダの片道8.5万円!(結構奮発)を予約しました。


イーツアー

24時間その場で回答、格安航空券が自動予約されます。
会員登録すると航空券があたるチャンスも。
ワーホリ向けのチケットも充実してます。

エイビーロードネット

ロス旅行でもお世話になったサイト。
安い情報がたくさんあって貧乏人の私にはありがたいサイト。


クレジットカード

18歳のときに旅行のために作ったUCカードとジャスコでバイトしてるので強制的に(?)もっている
イオンカードのほかに、今回シティバンクカードを作りました。
ホテルの支払いはカードにしようと思っています。その他、必ず持っていたほうがいいとおもうので
何枚かもって行くべきだと思います。
(1枚ではないのは、使えなくなったり、使えなかったり、無くしたり等考えて)


初めての1枚におすすめ!

イオンカード

年会費永年無料&海外旅行保険(要申込)が最大の魅力。
VISA・MASTER・JCBの国際カード。
買い物したものにも保険付。
ちなみにジャスコで
毎月20日・30日は5%オフでお買い物できます。

シティカード

シティバンクのクレジットカード。
カードが手元に届くまでがはやい!
4月からフリーターになるわけで審査にとおるか
心配でしたが、無事にカードをゲット。
国際的にも信頼のあるカードなのでいいと思います。
マイルの貯まるカードもあるし、それだとさらにお得です。
海外旅行保険つき。

UCカード

18歳のときから持っているカード。
海外旅行保険がついているので良い◎
学生カードだからなのか、ミッフィーのデザインカードです。

保険

実は・・・保険かけていかないんです。心配。
クレジットカードの付帯で3ヶ月は過ごしてそのあとにカナダでかけていくつもりです。

追記:結局カナダでは保険かけずじまいでした。無保険3ヶ月間はどきどきしました・・・。
カナダでかける保険は保障範囲が狭い、対応がいまいちという意見もあったので
日本でかけていくことをおすすめします。私も次回、どこかへ行くときはそうする予定です。




AIU保険代理店エスティアイ

留学・ワーホリ・オーダーメイド型の海外保険相談に乗ってくれます。

 

ホテル

キャンビーホステルというところに宿泊予定。
他はユースの会員証を作り、あちこち泊まれるようにしました。
(ユースの会員証は施設の割引にも適用されます。持っていればお得です!)

>>ホステルの予約・感想


持ち物

メイン:スーツケース(写真右のピンクの)

サブ:リュック

サブサブ:ショルダーバッグ(使い慣れたもの)

>>持ち物リスト(一般編)  
>>
持ち物リスト(女の子編)

費用

これが私の一番知りたいこと。
ネットを探してみると、みなさん100万以上は当たり前の世界なかんじ。
不安になります。貧乏でワーホリ行った方はHPとか作ってないだけなのか・・・
不安にますますなります。
私の予算は50万円。ぎりぎりかな??語学学校に行かない分
(授業料って50万とかしますもんね!)おんなじかな〜とか・・・
でも少ないです。ちなみに航空券代や日本での準備的なお買い物は抜いてます。
カナダへいったら詳しく書けると思います!

追記:半年間でかかった総額(準備金はのぞく)

約67万円でした。

*カナダ往復エアー
*ホームステイ *移民学校
*一人暮らし
*食費
*交通費
*ホステル滞在費
*サンディエゴ旅行
*シアトル日帰り
*ビクトリア旅行
*バン観光
*その他

・・・全部含む


お金の持ち込み方

費用、お金のことといったらお金の持ち込み方。
これもいろいろ考えました。

日本からカナダの口座を開けたりしますしね。

一番いいのは現金をもっていくこと。そして現地で両替する。

でも、8ヶ月、バイトで貯めたお金、私の財産をみにつけてもっていくのは怖くてできない。

というわけで、インターナショナルカードをつくりました。
NYへ旅行した時に大活躍したこのインターナショナルカード。NYのときは
シティバンクで作りましたが、新生銀行に新たに口座を開きました。
新生銀行はキャッシュカードにインターナショナルカードの機能が自動的に付帯。
海外からの引き出し手数料も無料!

インターナショナルカードとは・・・

日本の口座に預けてあるお金を海外で引き出せるものです。
なんて便利!各銀行によってレートはそれぞれちがいますし、引き出し手数料もまちまちなので
調べてくださいね。

追記:セブンイレブンや駅のATMでも日本にいるときのような感覚で使用できるので便利でしたよ。


 ■新生銀行 口座新規開設
 


持ち込み方の予定


新生銀行にたよります。2万円くらい現金、あとはクレジットか銀行からおろします。


追記:現金1万円をカナダドルに換えて、あとはTC($3000)、
そしてクレジットカード中心に使用しました。
現金が必要なときはインターナショナルカードで引き落としていました。


インターネットバンキング

インターナショナルカードを作ったらインターネットバンキングしないと!と思いました。

インターネットバンキングとは・・・

インターネット上で残高照会や振込みなどできる便利な機能です。
カードの引き落としなどもわかりますしね。

そうそう、クレジットカードもオンラインで利用金額がわかるようにしました。
これで日本にいてもカナダへいても同じ状況ですね。


追記:インターネットバンキングのような個人情報がわかってしまうサイト閲覧は
公共のパソコンからだと危険なので、わたしは自宅の自分のパソコンからしか見ないように
していました。

奨学金の返還猶予願いの提出

大学へは奨学金で通ってました。
出発の2週間前に返還猶予がきくとの情報をgetし
急いで問い合わせして、必要書類を送りました。
これで15万円、助かりました〜。奨学金を借りていた方はぜひ申請しましょう♪






▲このページのTOPへ


 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO